スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引越しの思い出

不況で固定費を見直そうと、今より家賃の安いところを探してみた。
前住んでいたマンションに空き部屋があるではないか。
あのマンションを探していたころは、週刊CHINTAI?などの「雑誌」が媒体、ソレを購入し、不動産屋に駆けつけるとすでに満室だったりしたものだ(それも不動産屋の手、でもある)。
断られた後に、「キャンセルが出た」というから物件を見に行くと2件も候補があったりした。
今は、インターネットでしっかり中の写真まで見られるからうれしい。
物件見に行くまでわからなかったもんね。白黒の小さな写真をじーっとみつめていろいろ想像したりした。
当時、歩いていける場所に友人の住んでいる○須と○池で探した。
目当ての物件を予約もせず見に行った。
夏の盛りだった。
う、うるさい・・・(今○)
これ、ファミリー物件じゃない、外国人多いし(大○)
んで、あきらめた。
結果的には繁華街から近くしかも静かな住宅地に決まった。
前の物件は偶然、今の物件は熟考してきめた。
前の物件に当たっては、会社帰りにふらりと立ち寄ったエイブルできめてしまった。その物件は建築中で、「パースの絵」と当時少なかった、ガスコンロ、ドレッサーつきでオートロックというので決めるつもりもなかったのにせかされ、その気になり、書類を書きはんこを押し、内金を支払っていた。
しかも、雑誌で見て話を聞きたいと思っていたのとは違う物件だった、と後から気づいた・・・
縁は異なもの味なもの。
建築中から何度も見に行き、ワンルームから2DKタイプの部屋に変えた。
当時の給料の3分の一には収まっていなかった気がする。ギリギリかな?
スポンサーサイト

テーマ : どうでもいいこと。
ジャンル : 日記

コメント

Secret

プロフィール

azu66

Author:azu66
中部地方在住の♀、中年です。
体を動かすのが好き、書籍、音楽、Game、PCも好きです。

ブログ管理
ぐりむす
最近のエンコメ
ayapon
FC2カウンター
Archive R
ねむログ
ねむログ ブログパーツねむログ記録する
What time
ブログの更新率
buroguramu
楽天
Bot Checker
Googleボットチェッカー powered by
 Google Japan Bot チェッカー MSNボットチェッカー Yahoo!ボットチェッカー
フリーエリア
Powered by サイトスカウター
天気予報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。